あなたの『私も伝えたい!』が未来を創る

からだワーク協会とは

協会概要

 

「からだが資本、健康が大切」、これは誰もが理解していることです。
そういった中、からだを使う場(例えばフィットネスクラブ)は多くありますが、からだを” 知る場”や” 学ぶ場”がまだまだ少ないのが現状です。
人は学ぶことで知識を得て、日々実践することで知恵がうまれ、その知識と知恵を人に伝える事で成長していきます。
人の” からだ” は、本来動くことで健康を維持しています。
動くことで” からだ” に循環が起こり、栄養が行き渡り、機能が保たれ、活力が溢れる身体へと繋がります。健康でいる事は特別なことではなく、人が本来もつ本質的なものなのです。
からだワーク協会では、この本質的な力を健康能力と定義付けています。
今注目されているサルコペニア症候群(加齢に伴って、急激に筋肉量が減少する症状)やロコモティブ症候群(加齢に伴う筋肉、骨、関節等の運動器の障害によって、日常生活が困難、要介護の状態や要介護リスクの高い状態)という症状があります。
からだワーク協会は、これらの症状の予防ではなく、人の”からだ”の本質である健康能力をあげる事を第一にしています。健康能力を高めることによって様々な症状が軽減し、より質の高い生活を送る事が可能になると考えているからです。その為に”からだ”を学ぶ場を提供して、そこから得た事を日々実践していきながら、更に人に伝えていきます。
日本からだワーク協会は『私も伝えたい!』という人を一人でも多く増やしていき、健康未来を創っていくために設立致しました。
健康未来とは・・・健康能力が高く活力ある未来の事

協会の役割

1.からだワーカー®の育成と支援

からだワーカー®になるためには、特別な知識や経験などのバックグラウンドは必要ありません。
健康とは本来全ての人に備わっているものだからです。私たちは、たくさんの人の「伝えたい」想いを大切にし、”からだ”についての学びの場を提供し、からだワークのプログラムを通して「伝えられる」技術と環境を提供いたします。
※からだワーカー®とは … からだの事を相談ができ、運動指導できる指導員の事を意味する。

2.全ての人に健康能力を提供

からだワーカー®を育成することで、日常生活の中で気軽に頼れる運動指導者の存在を全国の市区町村に普及していくことを目指しています。そして日本全国の健康能力を高めることを目的としています。

3.幸せの輪を広げる

私たちは、人と人の繋がりも大切にしています。
からだワークに取り組むことで生まれる人と人の触れ合いや笑顔が、情報化社会の中で点になってしまいがちな個々を繋ぎ輪を広げ、心も身体も健康的になる環境づくりを目指しています。

からだバー®アドバイザー

木原 啓貴 Kihara Hirotaka

木原 啓貴
経歴・自己紹介

・日本からだワーク協会 マスターからだバー1級
・株式会社peacewell 代表取締役
・OUT MOTIONS 代表
・スポーツスパアスリエ エアロビクスアドバイザー
・シナプソロジー教育トレーナー
・STRONG株式会社LABODY 契約ライダー
・ダキングダンス公認ダンサー・インストラクター

東京都生まれ。11月5日生まれ。指導歴16年
大学時代にジムに入り、そこで見たスタジオクラスに衝撃を受け、エアロビクスを始める。それがきっかけで卒業後インストラクターになる。集団に運動指導をする楽しさを実感し、精力的に活動。キャリアの浅い頃からフィットネスのイベント出演やワークショップの講師など、経験を積む。また、後進の育成にも携わり、指導者の養成も行い経験を積む。2年前より屋外でのダンスパフォーマンスを集団で行い、運動の大切さ、身体を動かすことの楽しさ、を訴え笑顔になる方を増やす活動「OUT MOTIONS」(アウトモーションズ)を始め、現在に至る。
2016年夏、自らが代表を務める「株式会社peacewell」を立ち上げ、ダンスや運動を通して、心と身体に笑顔と元気を届け、社会に貢献するべく活動。
WEB http://peacewell.co.jp/

本間 友暁 Tomoaki Honma

本間 友暁
経歴・自己紹介

・日本からだワーク協会 マスターからだバー1級
・株式会社GROW POINT代表取締役
・公益社団法人日本フィットネス協会ADD/ADE
・ダキングダンス公認B級ダンサー

専門学校卒業後はフリーインストラクターとして3年間活動し、その後フィットネスインストラクター、トレーナー派遣会社へ入社。正社員として営業、品質管理、イベント企画、インストラクター研修など様々な業務を経験する。その後、フリーインストラクターに戻り、スタジオディレクター業務、インストラクター養成、TV出演、各種イベント企画出演、商品開発など『心と身体の健康』をテーマに様々な分野でフィットネスの素晴らしさを伝えていく活動をしている。
2013年、東京都豊島区に、少人数制自分みがき専門フィットネススタジオ「Studio growpoint」をオープンさせる。
WEB http://www.studiogrowpoint.jp/

理事の紹介

代表理事  梅村 隆/Takashi Umemura

梅村隆
経歴・自己紹介

・株式会社メッツ 代表取締役 社長
・ピラティスメソッドジャパン(株) 取締役
・インストラクター&トレーナー経験 15年

フィットネスクラブ社員からフリーランスとなり26歳で個人のスタジオ&ジムをオープンさせ800名の集客に成功
29歳で個人事業から法人化して本格的に経営をし始める。
その後36歳で現場を引退し、運動指導者の為にをコンセプトに様々な事業を立ち上げる。
2015年に第二創業として有限会社フィットネスプログラムスメッツから株式会社メッツに変更し、常に独自路線をモットーにして現在に至る。

理事  櫻井 淳子/Junko sakurai

櫻井淳子
経歴・自己紹介

・第二世代ピラティスティーチャー
・ロリータ・サン・ミゲル認定ピラティスマスター
・Lolita’s Legacy エデュケーター
・ピラティスメソッドジャパン(株) 代表取締役
・パット・ガイトン・ピラティスコンサバトリーフル認定

元物理化学研究者。
妊娠・出産における体調不良時にピラティスに出会い、その素晴らしいメソッドに感銘を受けピラティス指導者に転身。日本でも世界と変わらないピラティスの真髄を伝えたいと言う信念のもと、渡米を繰り返し修行を重ねる。
それらの活動が評価され、雑誌NEXTにて女性で初のインストラクター・オブ・ザ・イヤー最優秀賞を受賞。
世界でもトップレベルの国際的な学びを続ける中、2015年には第一世代ピラティスティーチャー(エルダー)であるロリータ・サンミゲェルより直接指導を受け、最高の称号とも言える第二世代ピラティスティーチャーとして認定される。
さらに、国内ではじめてロリータ・ピラティスのエデュケーターとなり、ピラティスメソッドの真髄の普及に努めている。自社スタジオの他、指導者の育成、各種講師、スタジオコンサルティング、メディア出演等、ピラティスを通して全国的に活躍している。
WEB http://pilates-body.jp/

理事  木谷 恭太/Kyota Kiya

木谷 恭太
経歴・自己紹介

・からだワーク協会事務局長
・株式会社 メッツ本部長

体育大学卒業後、大手フィットネスクラブ入社しインストラクター、トレーナーとして活動。
営業成績を認められて某健康食品会社にヘッドハンティングされ転職、その後アパレルブランド会社を含めて4年間営業管理職として勤務。
全国各地のフィットネスクラブ、健康施設をまわり、多くのインストラクター、トレーナーと知り合う。日本で行ったことのない都道府県はない。
10年間の日本中を駆け回る中、運動指導者という職業に果てしない可能性を感じ活動中に、指導者事業サポートの株式会社メッツに出会う。
代表理事の梅村と意気投合し株式会社メッツ本部長に就任。現在、運動指導者向けの商品企画・開発・事業サポートを行う。
私が全国を周る中で、どこに行っても変わらないことがありました。
それは誰もが自分の身体、健康にとても関心があるということです。
プログラムを体験するだけでなく、自ら学び、理解を深めていくことでより多く人の身体の健康が深まると思います。
そんな身体の事を学び、実践し、さらに人に伝えて健康な世界を作り上げていくというプログラムを作りました。
からだワークを通じて人と人が繋がり、健康づくりが広がることを目指しています。