自然と道が拓けたのは「私も伝えたい!!」という想いから

山田祐子です。

人生100年時代を生きる中で
昔からすると様々な可能性や
チャレンジできる環境は多くなりましたね。

今日は、税理士として昨年独立し、
からだバー®︎、からだカラー®︎1級を
取得した、鈴木昭世さんにインタビューしました。

 

出会いは今から7年ほど前。
その頃、ご本人曰く、
「体の不調と精神的な負担が募り、
人生最悪の状態だった」

と言います。

そんな彼女が体と向き合うことを通して
体をいたわる術を知り、
本来の心地の良い状態を取り戻す過程の中で

協会プログラムに出会い
自らの力でしっかりと歩んでいるこれまでを
ご紹介します。

 

Q.現在の活動場所はどこですか?

A.自分が通っている美容室をスタジオとしてお借りして、
美容室の定休日に、隔週でレッスンを始めました。

Q.誰に向けてレッスンをされていますか?

A.「運動したいけれど何をやっていいか分からない」
「健康でいるために続けられることをしたい」
と考えていた方たちへ向けて。
具体的に受講を希望されたのは
50代前後から上は80歳手前ぐらいまでの
女性7名の方でした。
有難いことに、この美容室へ通うオーナーが
口コミだけで集めて下さいました。

Q.どんな想いでレッスンを提供していますか?

A.私自身が、
日本からだワーク協会の提供しているコンテンツを
ずっと続けていることで、
長年の不調が大分軽減できているので、
同じような悩みを持つ方の
一助になりたいという想いで行なっています。
そしてこれ(指導者となること)をきっかけに、
人が健康でいられるための知識や経験を
自分自身が幅広く学び・体得して、
世の中に還元する事をライフワークとする
という大きな目標を達成する想いで
一歩を踏み出しました。

 

Q.からだバー®︎をとして得られたよかった事や
苦労はどのようなことでしたか?

A.いざ、講師の側に立つと、正確な動き、
それによって得られる効果などを
きちんと理解していないと駄目なんだ
と言うことが良く分かり、日々励んでいます。

今まで毎日続けていたのは
「ほぐし」くらいでしたが、
自宅で復習する時間や内容が増えました。

日々精進が必要なことは、
苦労というよりは良かった事だと思います。

実は誰かのためになることは、
自分にとってもすごく良いことなのだ
と気が付きました。

Q.1級のみなさんやこれから資格取得を
考えている方へメッセージをお願いします。

A.「運動指導」という職業から全く無縁で、
身体も固く運動神経もさほど良くない私でも、
「私も伝えたい」という気持ちと、
「伝えて見よう」という行動を選択した事で、
時間はかかりましたが、
自然と道が開いて行きました。

最初は小さな一歩でも、
その一歩を踏み出さなければ
目的地へはたどり着かない。

でも一歩を踏み出すことが出来れば、
きっと今までとは違う
景色を見ることが出来る、
今そう感じてます。

自分の人生のオーナーシップを
しっかり掴んで歩む鈴木さん。

今後の活躍が期待されます🎶

2020年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

山田祐子

5,165 views

TRIANGLE 代表 身体色彩心理プログラム開発者 ボディカラー®メンタリスト 日本からだワーク®︎協会理事

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。