しびれる・・・をどう捉えるか。。

木田麻美です。

昨日の代表ブログにあったように
昨日、一昨日は
マスタートレーナー共通研修を

行い

 

私は一日目の指導の方法
導き方の極意をお伝えしました

極意を発揮するためには
その前に冨永マスタートレーナーが
伝えたくれた

知識がなくては
うまくいかず・・・

 

知識と知恵と
方法を駆使して
適材適所で伝えていく・・・

そんなことを学べた一日目

そして
二日目は
私もかなり昔に受けたことのある
からだコトバ®️を学びました

自分の名前から
ストーリーを考えていく。

これは私個人の話ですが・・
私の名前の 麻美

ですが、実はあまりいい意味がなく、
私自身もどんな字かを聞かれたときに
いつも

 

大麻の麻

と答えていました・・・笑

 

調べてもその 麻という字の意味は

 

麻薬を作る
脳の神経回路を破壊する

とかそんな感じで・・・。

その中に
なんとか都合よく解釈できそうな

 

しびれる

というワードがありました。

グループワークでしびれるという言葉を
意味として出したときに

その中毒的なしびれる感覚が
魅力的でくせになって

のめり込んでハマっていく人もいるんですよ

 

と言っていただき
それまでどうしてもネガティブに捉えていた
しびれるというワードが

一気に自分らしさとして
誇らしく感じて来ました。。

 

自分自身は
ネガティブに感じることでも
他者の目から見るとそれが
魅力になっていることもある・・・。

 

自分自身は普通じゃないよねと言われることに
抵抗を持ちながら

個性がある

と、言われたら嬉しかったりする・・笑

 

人の名前は
みんな違う

稀に同姓同名の方もいますが
生きて来た歴史や経験が違うから
そこについている名前も

その意味も
捉え方も変わる

名は体を表す

とも言いますが
どうありたいかを自分で決めることも
できる気がします。

あとはそれに導かれて
自分らしく歩くのみ。。

指導者として
一人の人として
自分というものに大切に

向き合い

そして人と関わっていく。
そんなことが学べた2日間でした

こんな学びが受けられる
環境に感謝したいです

そしてみなさまにしっかりアウトプットしていきますよ❗️

 

 

2020年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

木田麻美

7,033 views

fitnessroom ボディリマインドオーナー パーソナルトレーナー・グルーブエクササイズインストラクター

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。