運動指導者として、乳がんと向き合う方に何ができるのだろう【オンラインフェス】

 

青森の中村俊子です。

青森には、もう白鳥がやってきて
ご近所さんはタイヤ交換したり
冬支度が整いつつあります。

 

私のスタジオは女性専用で、
40代以降の女性が大半を占める
人生の熟成期の方がいらしています。

ある日
からだバー®︎のレッスンの後に
会員さまに言われた言葉があります。

 

『からだバー®︎をした日は、
マッサージをしなくてもいい』

 

からだバー®︎のストレッチ
ほぐしのことを
言ってくださってると思って

 

わたし:ですよね〜〜
肩こりの時に最高ですよね。

軽く答えていました。

 

会員さま:わたし、
3年前に乳がんを患って…

 

わたし:え?、、、

 

会員さま
リンパを取ったから
腕がパンパンにむくむのね。
自分でマッサージしないといけない、、、

 

わたし
乳がんの後遺症ってことですか?

 

会員さま:退院してから
何か体を動かそうって思って
いろいろyoutubeで探してみたの

 

わたし:例えば?

 

会員さま:マッサージ器具とか
エクササイズも様々…最終的に、
からだバー®︎が良かった。

 

わたし:うるうる、、、🥺

 

会員さま:だって、
うちでも思い出してできるから…
からだバー®︎、すごく役に立つ
もっと世の中に広めてください🌟

 

わたし:そうなんですね😭

こんなやり取りがあって
驚いたし、切なかったり、やるせなくて

胸にぐ〜〜っと
こみ上げてくるものがあって
泣きそうになりました。

 

からだバー®︎は、
✔️肩こりさんや猫背さんの
姿勢改善に有効だったり…

✔️しばらく運動から遠ざかって
何か始めたいな〜〜と思う方

✔️ずっと運動してきた方の
パフォーマンス向上や
ケガをしにくい体作りをしたり

どんな方に役に立つのだろうか…
ずっと考えてきて

 

乳がんを経験した方のケアに
こんな風に役立つなんて…
考えもしませんでした💦😢

 

こういう方たちのために
からだバー®︎で
何かできるのではないか…

 

そう思ったのが始まりで
乳がんについて調べ始めました。

 

乳がんは、
40代以降の女性に増加する一方です。

 

早期に発見すれば
命を失うことも避けられます。

症状や時期、部位により
治療法やその後の
ケアの仕方も違います。

 

今後、
乳がんと向き合う方は
確実に増えていって

▪️機能を取り戻すため
▪️むくみに対応するもの
▪️体重コントロールを求めて
きっと、悩むことでしょう

 

その時…

私たち運動指導者が
やってあげられることは
たくさんあると思うのです。

 

今回のオンラインフェスでは、
”健康未来を創る”
という協会の理念と

フェスのコンセプトである
「寄り添う」ということを踏まえて

わたし、寄り添う、、、
〜乳がんサバイバーの二人から
学んだ”二つの寄り添い方”〜

運動指導者として
乳がんに向き合う皆さまへ

からだバー®︎を通して
3ヶ月間の1対1のセッションと

ご協力いただいたお二人の
乳がんサバイバーさんの
生の声をお届け致します。

詳しくは→https://fit-i.com/karadaworkfes/survivor.html

11月22日(日)10:00〜17:00
日本からだワーク®︎協会の
オンラインフェス(ZOOM)

参加費 2000円です。
都合に合わせて出入り自由✨

ポイント❶
乳がんサバイバーさんへの
取り組みについてのプレゼン
(只今制作中💦がんばります!)

ポイント❷
協会のマスターによるレッスン
多数、受けられます。

ポイント❸
マスターのチャレンジタイム
ゲームいろいろ⁉︎

ポイント❹
マスターからの抽選会
様々、プレゼント🎁あります。

11月22日は、
オンラインイベントで
一日、楽しんでいただきたいです。

 

皆さま、オンラインで
お会いできるのを
楽しみにしております🌟

お申込み、詳細は↓
https://fit-i.com/karadaworkfes/

 

2021年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

中村俊子

3,538 views

青い森のBE(美)魔女®スタジオ主宰 健康運動指導士 日本エアロビック連盟指導専門委員

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。