鏡はいらないからだバー®︎

鍬間愛美です。

前々回のブログ【歩くのが怖い】に続く
「怖い」シリーズではないのですが、

自分の姿を鏡で見るのが
おそろしい!見たくない!
とおっしゃるお客様は実は少なくありません。

これをお読みの皆様はどうでしょうか?

🌀恐ろしい
🌀見たくない
🌀見ると残念な気持ちになる
🌀自信をなくす

ネガティブな感情が生まれてしまうようで
鏡を見ることを避けられます。

運動中に鏡があるメリットは何でしょう?

第一に、
【姿勢や動作を修正しやすい】
が挙げられると思います。

人は3次元空間を、
様々な感覚受容器の情報に基づき知覚しています。

視覚などから得た
奥行き・位置・大きさ・傾き
構造・動き・動きの方向などの要素は、
身体運動のコントロールや
移動のためのナビゲーションに使われます。

人間は視覚に頼っている生き物です

視覚からの情報を得ると
脳はそれを処理して体に指示を与えます。

目で見ることで瞬時に判断し
情報を整理する→行動する→整える
のサイクルを人は無意識に行っています。

脳は
それら一連を記憶し、
再現し、
さらに調整する力をもっています。

だから、
目で見て動きを確認することは大切☆

けれど、
それに頼りすぎてはいけないんです。

目で見た情報をもとに身体に感覚を入力したら、
それを内側の感覚や身体の記憶をもとに
再現するステップに進むのが望ましいです☆

からだバー®︎は不思議なことに、
バーを通じて感覚への働きかけが活発に行われ
それを体感し
良い状態とは何か?を感じられ
さらにそれを再現することが容易にできます。

これはからだバー®︎を体験した人にしかわからない…

けれど、
鏡がない環境でもエクササイズの効果を発揮します。

「いま、バランス悪いかも」に自分で気づけます。

鏡嫌いな人でも大丈夫🙆‍♀️
むしろ鏡は必要ありません。

そして、
ワンステップ難度を上げてのエクササイズを望まれる方、
自身のアンバランスさに驚きながら
最上で最高の動きができる身体への探求を望まれる方にもオススメ🙆‍♀️

自分の身体の『いい』を知ろう❣️

アンバランスになっても
『いい』に戻せる身体になろう❣️

2021年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

鍬間愛美

2,711 views

バランスコーディネーション®️教育トレーナー

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。