動脈硬化を防ぐためにからだバー®︎

鍬間愛美です。

最近、脳梗塞や脳卒中で倒れられた方や
亡くなった方のお話をよく耳にします。

夏は多いんです。

🌀

日本人の死因の1位はがん(悪性新生物)

2位は心疾患(心臓病)

3位は脳血管疾患(脳卒中)

心臓病と脳卒中はいずれも血管の病気です。

これらによる死亡は「血管死」と呼ばれています。

🌀

血管死の背景にあるのは、動脈硬化です。

心臓から全身へ血液を運ぶ動脈が
柔軟性を失って硬く狭くなり、
血栓と呼ばれる血の固まりが
詰まりやすくなった状態です。

動脈が心臓で詰まると心臓病、
脳で詰まると脳卒中に陥ります。

動脈硬化は
中高年の人に生じる病態と思われがちですが、
実は小児期から徐々に進行し、
さまざまな病気の原因となります。

若いときから動脈硬化が進むのを
予防することが大切です。

🌀

動脈硬化を防ぐのに、
ストレッチは欠かせません

とある研究では、
「体が硬い人は動脈硬化も進んでいる」
と分かっています。

動脈硬化の度合いを見る検査から、
ストレッチによって動脈硬化が改善し、
血管が柔らかくなることも確認されています。

ストレッチをすると筋肉が血管を圧迫し、
やめるとその圧迫が解放され血流が増えます。

これを繰り返し行う事で
血管を柔らかくすることができます。

特に下半身は筋肉が多く
太い血管もたくさん通っているため、
太もも・膝裏・ふくらはぎを伸ばすとよいと言われています。

マッサージすることで、
全身のリンパ流が改善します。

すると血管の周囲の老廃物が取り除かれ、
血管にかかる圧力が減少し、
血管の柔軟性が改善されます。

血圧の急上昇が和らぐ効果も期待できます。

からだバー®︎でいう木圧が同じ効果を発揮します。

からだバー®︎を用いて行うストレッチは、
筋肉の伸縮性を柔軟にし、
弾力のある筋肉に仕上がっていくことを体感できます。

血流が促進され、
体がポカポカするのも感じられます。

体がスッキリして軽やかに、
心が明るくなる背景に、
血管という血液の輸送路へのアプローチの有効性があるわけです⭐︎

↑(今より少し若い鍬間…笑 血管はおそらく今のほうが👍)

だから、皆様!
からだバー®︎でストレッチをしよう!

からだバー®︎で木圧をしよう!

#動脈硬化 #血管 #ストレッチ #脳梗塞 #脳卒中 #血管の弾力 #老廃物除去 #リンパ流促進 #血液

 

 

2021年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

鍬間愛美

2,602 views

バランスコーディネーション®️教育トレーナー

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。