歩くのが好きじゃなくても、歩くのが苦にならない身体をつくりたい

鍬間愛美です。

先日、
バスに乗るために近所のバス停へ行きました。

バスの到着予定時刻は11:10。

時々早く行ってしまうことがあるので早めに…と思い、バス停へ着いたのは10:58。

ちょうど同じタイミングでご婦人がお二人いらっしゃいました。

結局バスは遅れてきて、11:14出発。

出発して一つ目のバス停を過ぎた時…ピンポーン💡
(あれ?誰が降りるの?)と思ったら、
二人のご婦人でした。

バスの走行時間2分、約700m、
徒歩10分といったところでしょうか。

バス停で待たずに歩き続けたら
目的のバス停には着いています。

けれど、『立ってバスを待つ』を選んだお二人。

暑いもんね…歩くの大変だもんね…。

足が悪いのかな?と思い
歩いているところをバスの中から観察しましたが、
特に痛めている感じはなく
テンポよく歩けていました⭐︎

もしかしたら、
見えない痛みや辛さがあるのかもしれないけれど・・・

いいや悪いを言いたいわけではありません。
ですが、考えさせられたのは事実です。

上手に抜くところを抜いて、
「体を休める」を選ぶことも大事。

けれど、生きていく上で
【歩けなくなる】はとても困ると思うのです。

私のクラスではいま
【歩く】ために必要な足腰づくりを
徹底的に体に馴染ませています。

からだバー®︎を踏む足裏ほぐしも
バーがあることでできることの一つですが、
足・脚づくりにバーができることは
それだけではありません。

股関節周辺が硬すぎる人や逆に不安定な人にも、
からだバー®︎があるから
効果的にできるストレッチがあります。

スムーズな歩行に繋がる
「両脚ハードル」という種目もあります。

ただ足を上げるではなく、
どこに力を入れ
どこで支え
どのように下半身を動かすのが良いのか。

からだバー®︎は動作の学習を
丁寧に体にすり込んでいくことができます⭐︎

ツールがなければできないこと、
ツールがあるから効果的にできること、
それらを体感いただきたいです。

一生歩ける身体づくりのお役に、
からだバー®︎は必ず力を発揮いたします。

①で足裏をほぐし、立ちやすい足に

②でもものつけ根と硬くなりやすいもも前を伸ばし、

③でさらにつけ根の外側や
股関節の動きにも必要なお尻の外側やももの外側をストレッチする

④で股関節を丁寧に動かして、
歩く時に必要な筋肉をトレーニングする。
加えて、
疲れにくく楽な歩行ができる動かし方を学習させる。

からだバー®︎は、
人生とともに変化してゆく体にも柔軟に対応し、
欲しくない変化のスピードもゆるやかにしてくれます。

歩くことを大好きにならなくても、
歩くのが苦ではない人が増えたらいいなぁ🍀
そう思い、
今日もお客様と一緒に
からだバー®︎で丁寧に全身をケアしています⭐︎

#歩行 #下半身トレーニング #足腰 #疲れにくい足
#足裏ほぐし #股関節ほぐし #ストレッチ #美脚
#膝痛予防 #ふくらはぎ #浮腫予防 #血流促進

2021年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

鍬間愛美

2,782 views

バランスコーディネーション®️教育トレーナー

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。