ピークは40歳代後半

静岡の狩野順子です。

質問です♡
「ピークは40歳代後半」といえば?

なんのピークだと思いますか?

・・・・・・・・・・

私は、現在51歳
40歳代後半のピークは何だったかしら?

振り返れば
更年期による変化が見えてきたところで
揺れ動いていたように思います(笑)

ここでお伝えしたい答えは

「乳がん」

婦人科・乳腺外科のテキストから紹介させてもらいます

発生頻度が高いのは
40~60歳代の閉経前後の女性
年々増加していて40歳女性の癌で罹患率第一位と言われているそうです。

早期発見、ステージⅠであれば、5年生存率は90%
しかしタンポポの綿毛のように
全身に癌細胞が散らばりやすい「微小転移」の特性をもち
「全身病」と捉えた方が良いと記載されています。

克服されている方々も多いのは、
自己検診の普及もあり、早期発見できているのだろうと想像します。

ということで
わたし世代の女性は
「ひとごと」ではないのです。

そして、ご自分は関係ないと思っていても
周りには、人知れず罹患されたことで向き合い、
乗り越えてきた方々がいらっしゃる可能性が高いということです。

運動指導者として
多くの方々と出会います。

お話をし、ご病気の経験を開示してくださらないとわからないことですが
からだバー®のレッスン内では
まれに「もしかして?」とことがあります。

または、セミやパーソナルレッスンでは、
バーがあることで、
ご本人の意識に変化が見えることもあるものだと実感しています。

腋窩リンパ節の治療により
浮腫みやしびれ、感覚がない、ツッパリ感、筋力や可動域の低下等もあるようですが、
術後早期からリハビリを開始することで、
このような合併症を軽減させることができるといわれています。

このようなことを知っていたら
もしかしたら
お役に立てれることが増えるかもしれません
寄り添うことができるかもしれません

また、運動指導者として
乳がんの危険因子の一つ
「食生活の欧米化」ということも
指導の一つに入ってくることを実感できるかと思います。

私のように
晩婚で出産経験がないことも

またご家族に乳癌患者がいることも遺伝的に罹患しやすいと言われています。

☑食の見直しと運動の必要性を啓蒙
☑喫煙、アルコールの等の習慣の見直しを促すこと
☑出産経験がない、遺伝的にリスクがある方も含め
 定期的な検診が必須であること

「運動は健康にいいよね」
だけでなく
上記のようにお伝えしたいことがあります。

同じ世代の女性に
お互いに
「乳がん検診した?」が言い合えるようになりたいものです。

 

セミナーを開催します✨
乳がんサバイバーさんの声も伺えます!

https://karadawork.jp/blog/survivor2110

 

#乳癌 #サバイバー #啓蒙活動 #女性特有の病気 #運動指導 #ケア
#浮腫み #更年期 #婦人科 #乳腺外科 #病気が見える
#運動 #フィットネス #がん予防 #早期発見

2021年
からだワーク®協会を一緒に盛り上げていく仲間を募集しています。
健康を提供することはもちろん、
指導者としてのあり方を学びたい方
セカンドキャリアを豊かにしたい方
ぜひお待ちしています。
https://karadawork.jp/training/

メッツラインにてお得な情報を配信中!!
今すぐ「友だち登録」を

お問い合わせはこちら

狩野順子

8,118 views

Caricia Neoサロン代表 AVIAセレクトインストラクター

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。