運動指導者としてできること

Attachment.png

鍬間愛美です。

日本からだワーク®︎協会としては通算6回目となる
「乳がん」に関するセミナーを
10月9・16・17日に開催いたしました。

以前までは啓蒙活動も兼ねて
一般・運動指導者問わずご受講いただき、
乳がんの予防や検診の必要性をお伝えしてきました。

今回は運動指導者に対象を絞っての開催でした。

なぜ運動指導者を対象に
セミナーを開催したのか。

それは入院・通院のリハビリから離れ、
日常生活を送りながら自力でリハビリを続けているがんサバイバーさんが大勢いらっしゃるからです。

医療と治療そして日常でつくる健康づくりの狭間にいらっしゃる方、
身体のためにどこで何をどのようにするのがいいのかわからずにリハビリや今後の身体にとって欠かせない運動というものから遠ざかっている方は少なくありません。

運動指導者として当たり前のように提供している運動ですが、
ほんの一部の人にしか届いていません。

目に見えぬところで実は困り、
運動に壁を感じてハードルが高いと一歩を踏み出せずにいる方がいるのは、
運動指導者が手を広げ受け止める体制ができていないからのように思います。

施設や場所的な問題もありますが、
それよりも大きな問題は圧倒的な人員不足…
それは人それぞれが持つ身体の個性に寄り添って的確に指導ができる人の少なさです。

身体の個性そのものに対する知識がなければ、
必要なものを届けることはできません。

まずは情報収集をして現状を知り、私たちに何ができるかを考えていかなければいけません。

そして声を上げ、
「あなたのための運動指導者がここにいる」
と発信し続けることが大切なように思います。

Attachment_2.png

昨年の乳がんサバイバーさんとの取り組みは、私たちに大きな気づきと学びを与えてくれました。

運動指導者に必要なのは
体への知識や提供する運動プログラムの質・指導技術だけでなく、
【心】が大切であることを。

向き合い寄り添う準備は
してもし足りないくらいで、
デリケートでセンシティブな問題にも
自分の軸と覚悟を持ち、
慌てず焦らず人として備えておきたい【心】を
きちんと持ち合わせ、
そのとき特別になるのではなく
普通にあるべき姿として居続けるということ。

とても難しく思いがちですが、
相手が誰であろうとも心を通わせ寄り添い、
その人を心から想うことに変わりはありません。

ただ「わからないこと」に対しては
身構えてしまいがちで、
それはきっと
余計な不安や不信感を与えてしまいます。

そうならないように、
わからないことを知ろうとすることが
大切なのではないでしょうか。